赤ちゃんこんにちは
妊娠中の生活
上手に乗り切ろう

一覧表はこちら



母子健康手帳はいつごろ、どこでもらうの?母子手帳の貰い方

母子手帳(母子健康手帳)の交付の仕方は自治体によって違い、毎年小さい混乱がおきます。

「母子健康手帳 自治体」での検索は必須です。

病院の妊娠届けのような証明書がないともらえない自治体、役所等で自己申告するだけでもらえる自治体、必要な書類もやや異なります。また、妊婦さんへのアンケートをPDFファイルでダウンロードして持っていく自治体もあります。

もらえるもの

提出するもの

平成28年頃から個人番号カード(マイナンバーカード)の掲示を求める自治体が多いようです。
HPなどでご確認ください。

パターン別もらい方

一つ目は自治体に妊娠届出を提出してもらうパターン

妊娠が確認されると、産婦人科など医療機関で妊娠届出書が発行されるものです。
心拍が確認され、妊娠が確定した10週前後に病院で「母子手帳をもらってきてくださいね」と言われ同時に妊娠届出書をもらいます。切迫流産など妊娠の継続が危ぶまれる状態では安定してからということもあるようです。
この書類を役所や保健センターなど任意の場所に提出すると母子健康手帳が交付されます。
一番多いパターンのように思います。

二つ目は医療機関でもらうパターン

病院から検診後に母子健康手帳を発行してくれるものです。自治体に取りに行く必要がなく負担のないパターンのように思います。

三つ目は自治体に自己申告しただけでもらえるパターン

自治体に直接本人(または代理人)がもらいにいく、医療機関の診断書がいらない「自己申告制」です。

(管理人がネットで探し出して選んだものですので取りこぼしがあるかもしれません。そのときはぜひメールにてご連絡くださいませ。珍しいパターンもあるようなら知りたいです)

ちょっと小話「最初の血液検査で受診票が使えないパターン」

母子健康手帳交付前に受診した妊婦健康診査費用については、公費による助成を受けられません。
そのためか心拍確認後の一万円~三万円の最初の大きな血液検査を先にしてしまい援助をもらえなかった、という話をききました。
実際には妊娠初期の金額の高い血液検査の前に病院から妊娠届の書類を受け取り「次に種類の多い検査をするのでその前に母子健康手帳と受診票を受け取ってきてくださいね。」と教えてもらえることがほとんどなどですが、まれに初期の血液検査の時には補助券を使えなかったというコメントが見られるのは私にはよくわかりません…。
もし事情をご存じの方はメールなどで教えていただけますと幸いです。
分からない場合はお早めに病院で補助券の使い方を聞くことをお勧めします。

受付場所

保険センターまたは、市役所の窓口などで受付ています。
その場所も自治体によって異なります。
医療機関で妊娠提出書をもらうときにどこへ行くかの説明があるので、それで分かると思います。または、市町村のHPにを参考にしてもいいかもしれません。

区域によってちがいますが、中には週に一度だけ受付があったり、時間が決まっていたりするので注意が必要です。
同時にマタニティ相談などがセットである自治体では時間がかかる場合もあるようです。

自治体によっては外国語の母子健康手帳もあります

自治体によっては外国語の母子健康手帳を用意できるところもあります。
もし海外でお知り合いの方の言葉の母子健康手帳が手に入る場合は教えてあげるといいかもしれません。

(例)佐倉市
8か国語をご用意しております
英語版、スペイン語版、ポルトガル語版、タガログ語版、インドネシア語版、タイ語版、ハングル版、中国語版

自治体に外国語の母子健康手帳がなくて購入されたい方

本の楽育まんてん堂にて「ハングル」「中国語」「タイ語」「タガログ語」「ポルトガル語」「インドネシア語」「スペイン語」「ベトナム語」の母子手帳が購入できます(2017年現在)リンクさせて頂き、ありがとうございました。

海外でも母子健康手帳がもらえます

外務省の母子健康手帳(親子健康手帳)の配布のご案内

海外で妊娠・出産を迎える日本人にも、母子健康手帳を交付されます。
照会は居住される国・地域の大使館・総領事館等へお願いいたします。
リンクさせて頂き、ありがとうございました。

母子健康手帳の受け取り方も年々変化します

いくつかの自治体の母子健康手帳の案内をご紹介します。
自治体によってもらい方が全く違うのが分かると思います。
下の情報はあくまで例です。最新情報はもよりの自治体のHPをご覧ください
少子化対策などで交付や妊婦健診受診票の助成の割合が変化していたりするので前回の出産と違う場合もありますのでご確認ください。
平成28年からマイナンバーの記載を求められることがあります。
以下の抜粋はサンプルです。
(10年前の記事を消そうかとも思いましたがあまりに違いすぎて個人的にびっくりしたので残すことにしました。)

下呂町10年前の記載

交付日は月2回の隔週水曜日です。
持ち物 印鑑
・今後の母子保健事業(妊婦学級や乳幼児健康診査など)のご案内をします。
・妊婦健康診査のうち前期と後期2回の健康診査が無料となる受診券をお渡しします。
(35歳以上の方は超音波検査1回分も補助します)

下呂市合併後の平成29年の記載

下呂市の助成が受けられる妊婦健診受診票の交付や、今後の母子保健についての説明も行っています。予約制になっておりますので、交付を受けたい地域の保健センターまで必ずご予約ください。
マイナンバーを記載していただく必要がありますので、
(1) 【妊娠された方】の個人番号が確認できる資料 …個人番号カード、通知カード等(2) 【届出を行う方】の本人確認ができる資料 …免許証、パスポート等 
※代理人が届出を行う場合は、(1)(2)及び、委任状が必要となります。
1時間から1時間半程度かかりますのでご了承ください。

佐倉市(10年以上前の記載)

妊娠された方は、市役所の市民課、または各出張所の窓口に「妊娠届出書」を提出して下さい。
病院名、主治医などを記入していただきます。印鑑は不要ですが、原則として本人が届けてください。その際に母子健康手帳を交付いたします。

(平成29年の記載)

*妊娠届出時、妊婦さん全員に、保健師等が面接します ・こころやからだ、家族との関係など、様々な心配ごとについて相談に応じます。
・妊娠届出書とアンケートに記入をしていただき、保健師等との面接を行います。 (記入・面接は、30分ほどかかりますので時間に余裕を持ってお越しください。)
妊娠届時に必要な持ち物 1 妊娠届出書・アンケート
2マイナンバー確認
3 身元確認 運転免許証、パスポートなど

浜松市(10年以上前の記載)

いつ 随時
だれが 本人,乳幼児の場合は保護者 代理可能(申請の代理)
方法 直接窓口へ

受付時間 午前9:00~午後4:30
提出する書類 母子健康手帳交付申請書
お渡しするもの 母子健康手帳,別冊母子健康手帳

平成29年

妊娠届出書
マイナンバーカード または 個人番号通知カード+身元確認書類
外国籍の方は、「在留カード」または「みなし在留カード」※代理の方が手続きする場合には、事前にお問い合わせください。
※交付時間 : 平日午前9:00~午後4:30

刈谷市(10年以上前の記載)

妊婦本人またはその代理人。
母子健康手帳の交付は、毎週火曜日(受付時間9:40~10:00)
妊娠届出書を持って保健センターへ。

初めて妊娠した方 40分程度で各制度の説明や妊娠初期の話。
母子健康手帳の交付時に行われます。(10:00~)
経産婦の方で希望者があると個別相談 母子健康手帳の交付時に。

平成29年

毎週火曜日(祝日・年末年始は、除く)
初妊婦は8時50分から9時20分
※初任婦の人は9時30分より60分程度で妊娠中の生活や制度の説明等をしています。
経産婦は9時30分から10時
(1)妊娠届出書(記入してお越しください)
(2)マイナンバーカード(個人番号カード)
(3)(2)がない場合は、通知カードと本人の身元確認書類
※外国籍の人は「在留カード」又は「特別永住者証明書」をお持ちください。

狭山市(10年以上前の記載)

どこで 市役所1階市民課
妊娠届出書により受け取ることができます。妊娠届は自己申告ですので、お医者さんの診断書などは要りません。

平成29年

病院等で医師や助産師に「妊娠届出書」を書いてもらい、交付場所で母子健康手帳交付の申請をします。
母子健康手帳と同時に交付される受診票で妊婦健康診査の助成が受けられます。妊娠中は特に気がかりなことがなくても、おなかの赤ちゃんやお母さんの健康管理のために定期的に「妊婦健康診査」を受けるようにしましょう。
2016年9月から保健センターで妊娠の届出・母子健康手帳の交付を開始しました。


皆様のお住まいの地区の母子手帳の貰い方をぜひ教えてくださいませ。
お名前
 
はじめての妊娠上手にすごそう一覧表はこちら

このサイトは医療機関ではありません。
あくまで病院や出産に対する考えるサポートとしてお使いください。
Copyright(C) Ryo All right reserved since2001/6/21