赤ちゃんこんにちは
妊娠中の生活
上手に乗り切ろう

一覧表はこちら



妊娠中の車の運転

まずは妊娠中に運転することの是非についてですが、
車の運転そのものが直接妊娠中に害にはならないと言われています。
しかし、妊娠中はホルモンの関係で眠気におそわれたり、とっさの判断力がにぶったりしがちで、事故につながりやすいのです。そのため、なるべくなら運転しないように・・と書かれている本も少なくありません。

もちろんそれは理想ですが、残念ながら、今の社会は車なしの生活では過ごせない人も多いです。通勤できない人もでてくるでしょう。もしできるのなら運動がわりに歩いてみることをお薦めしますが、上の子がいる場合、車があるほうがだっこの回数が減って負担が軽くなる人もいることででしょう。

車で運転するときの注意すべきポイントを書いてみました。

眠気、注意散漫に気をつけて

妊娠中は強い眠気を感じることがあります。運転中に我慢がならない眠気を感じたという方も。通勤時間に余裕をもって出発し、眠気を感じたら休憩をとられてはいかがでしょう。
また、頭がぼーっとしたり、判断力がにぶくなることも多いです(仕事の能率が落ちたことはないですか?)。車は一瞬で加害者にも被害者にもなりますので、お互いに気をつけましょう。

長時間の運転はさけましょう

長時間の同じ姿勢は胎盤のうっ血などを引き起こし、妊婦さんにはよくありません。負担を感じたら、すぐに休憩をとって車から降りて休みましょう。突然の体調のくずれなどもありますのでいつもより慎重な運転を。

おなかがハンドルにつかえたら危険です。

おなかも大きくなってくると、ハンドルにつっかえたりしませんか?
座席の調節で変えてみてください。
それでも無理なようなら物理的に危ないですので、その車での運転はお控えくださいね。

母子健康手帳をつねに携帯しましょう。

事故にあったときのため、いざというときのため母子手帳は携帯しましょう。車の運転、というより、外に出るときは母子手帳を持ち歩くべきですよね。いつ病院に駆け込むかわかりませんし・・

妊娠中のシートベルト

妊娠中のシートベルト今の日本の法律では妊娠中はシートベルトをしなくてもよいことになっています。
ではシートベルトは妊娠中はつけない方がいいのでしょうか。

実際は、事故で亡くなったおなかの赤ちゃんの割合をみると、シートベルトを着用していた人の方が少ないことが分かっています。その訳は、亡くなった原因のトップが母体の死亡だからです。事故がおきたとき、ハンドルやダッシュボードにお腹をぶつけたり、車から放り出された場合を想像してみてください。

妊婦向けのシートベルトの付け方

シートベルトがお腹の上に乗らないようにするため、腰ベルトは腰骨と足のつけねからお腹を回避するように、肩ベルトは胸と胸の間を通って脇に抜けるようにが基本です。
こちらをご参考ください。妊婦のシートベルト着用を推進する会リンクありがとうございました。

マタニティシートベルト

足の間にベルトを通すもの(ズボン専用)通さないもの(スカートでもOK)などいくつかの種類があるようです。今のぞいてみたら、数年でだいぶ価格が落ちてきていますね。長時間通勤をしなければいけない方などはいかがでしょう。
マタニティシートベルトを見てみたい方は

リンクありがとうございました。

シートベルトストッパー

シートベルト装着時の締め付けや圧迫用にシートベルトストッパーが売られています。普段なら必要ないものでも、妊娠中で「シートベルトがきつくて閉めない」よりは選択が増えると思います。シートベストの効果が損なわれますのであまりゆるゆるにならない装着がお勧めです。


リンクありがとうございました。

助手席ではなく、後ろの席に座る。

運転するのではなく、横で座っているのなら、当たり前ですが後ろに座ることも出来ますよね。それに後ろの席なら、気分が悪くなっても横になれるというメリットもあります。
せっかくの旦那さんとのデートなのに、とか友人とのお出かけでそれはちょっと・・・と思われる人もいらっしゃるでしょうが、そこは自己判断されてください。

それにしても、病院でも、マタニティ雑誌でも、JAFでも妊娠中はシートベルトを締めた方が安全だと言っています。それでは妊娠中はシートベルトをしなくていいという今の法律は正しいのでしょうか?

昔、シートベルトをつけていたために事故で赤ちゃんを亡くしてしまったことがあったため、シートベルトをしなくてよいことになったそうです。が、非常にうがった見方をすれば、「何かあったときに国のせいにされたら困るから、シートベルトは自己の責任でつけてください」という見方もできます。これ以上の発言は一素人としてはできませんが、どちらにしても責任をとるのは自分自身であることに違いはないので、後悔のないよう選択されることを願っています。

はじめての妊娠上手にすごそう一覧表はこちら

このサイトは医療機関ではありません。
あくまで病院や出産に対する考えるサポートとしてお使いください。
Copyright(C) Ryo All right reserved since2001/6/21